複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

おまとめローンは未成年でも契約できるの?

結論から言いますと、未成年でおまとめローンを契約することはかなり難しいと考えられます。

契約という行為は「成人」に認められる行為のため、未成年がカードローンなどのローンの契約を自分の判断だけですることはできないのです。

親などの身内の人に連帯保証人になってもらえば金融機関側の判断で契約できる場合もありますが、原則としては無理だと思っておいて良いでしょう。

ただし未成年でも契約が認められるケースがあります。それは結婚をして家庭を持っている場合です。未成年でも結婚していれば例外的に成人と同じように扱われるのです。

おまとめローンのように審査の厳しいローンの契約は難しいですが、その他の銀行の一般的なカードローンで複数の借り入れを「借り換え」することはできます。

また、未成年でも契約ができるローンがあります。それが「学生ローン」です。学生ローンの契約をする場合は、大学、短大、専門学校などの学校に通っている必要がありますので、高校を卒業して働いている人は利用することができません。

年齢を偽って申し込みをしてはいけません、もし証明書などを偽造して申し込みをした場合、公文書偽造罪として逮捕されてしまう危険性や、詐欺が成立してしまう可能性があります。

未成年はクレジットカードやカードローンなど、金融商品の契約をするのが難しいものが多くあります。

数年待てば自分の判断だけで契約することが可能になりますので、おまとめローンを利用したい場合は一時的に別の方法を考えたほうがよいかもしれません。

特に親に借金がばれたくないと思っている人も多くいますが、未成年は大人の保護が必要です。

なぜおまとめローンを利用しなくてはならないほどの借金を作ってしまったのか怒られてしまうかもしれませんが、親に相談するのがベストです。

親から借りることができれば、金利なしで借りることができるかもしれません。若いうちの失敗は早めに解決し、将来に備えていくと良いでしょう。"

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top