複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

おまとめローンの借入額はどのくらいになる?

おまとめローンの借入額は、キャッシングやカードローンなどの多目的ローンより多くなるのが普通です。多目的ローンは生活費のローンとも言われており、ほとんどの方が生活に関わる資金のために借入しています。

食費、光熱費はもちろん、車検費用、趣味・娯楽費用なども生活費の一部と言えます。多目的ローンでお金を借りる場合、最初から100万円などの高額を借りることはできません。

最初は少額の融資からスタートし、段階的に限度額が引き上げられていくのです。

これに対して、おまとめローンは最初から100万円以上を借りられる可能性も高いのです。ローンを一本化したい方は、すでにかなりの金額の借入をしていることが多いと言えます。

3件以上から借入している方だと、100万円を軽く超えていることが多いでしょう。おまとめローンの目的は一本化なので、一本化資金をまとめて借りることができます。

銀行は特に高額融資に対応しており、200万円以上の借入に成功した方も少なくありません。

消費者金融の多目的ローンには、原則として総量規制が適用されます。貸付上限を年収の3分の1以内とする法律であり、これを超えて借りることはできないのです。

例えば年収300万円だと100万円までは借入できますが、101万円は借りられません。

キャッシングやカードローンの中には、用途不問と記載されたローンもあります。これらのローンはおまとめにも使用できますが、あくまで多目的ローンとして借りるので総量規制の対象になります。

借入額は年収の3分の1以内までとなり、すでに他社から借りている状態では追加でまとまった金額を借りるのは難しいでしょう。ローンを一本化するためには、多目的ローンよりおまとめローンのほうが確実に適していると言えます。

借入額が大きいだけでなく、金利も低く抑えられていることが多いのです。おまとめして金利が上がるようでは意味がないので、今よりも低金利のおまとめローンで一本化してください。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top