複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

おまとめローンはフリーターの人でも審査に通る?

金融機関にもよりますが、多くの場合、おまとめローンはフリーターの人も対象になっています。

フリーターの定義はさまざまですが、一般的には34歳以下の人で、正社員以外の雇用形態で働いている人のことを指します。

フリーターといえばアルバイトというイメージを持っている人も多いですが、派遣社員、契約社員、自営業の人もこれに含まれます。

自動車工場の期間工として働いている人など、年収が400万円を超えていて、無料の寮に入っているためかなり余裕のある生活をしている人もいます。

このような人もフリーターに含まれるため、一概にフリーターの人はローン審査で不利になるとは言えません。中には正社員よりも高い収入を得ている人もいます。

フリーターの人は、契約期間が終わったら失業をしてしまうというリスクがあるため、年収が同じならば正社員に比べると不利になります。

しかし、正社員よりも年収が高く、専門的な職業についている人などは、総合的には正社員よりも有利になることもあります。

一般的には、フリーターの人はおまとめローンの審査では不利になると考えられていますが、ケースバイケースとなります。

専業主婦の人でも、2社から20万円ずつ借りている借金をまとめられたという体験談がありますので、借入件数が少なく、借入金額も少額ならば、可能性はあるでしょう。

おまとめローンの審査では、借入件数が増えるほど不利になっていきます。そのため、早い段階で申し込みをすることが重要です。2社から30万円ずつを借りているといった状況になったら、おまとめローンを検討してみると良いでしょう。

借金が増加して、4社から50万円ずつを借りているという状況になってしまったら、審査に通るための難易度はかなり上がります。

おまとめローンの審査では、それまでの返済で延滞をしていないということはほぼ絶対条件になるでしょう。借金がまだ少なく、延滞もしていない状況ならば、フリーターの人でも審査に通る可能性はあります。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top