複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

おまとめローンの契約があると家のローンは組めない?

おまとめローンはクレジットカードのキャッシングや、カードローンの利用残高をひとまとめにすることによって、完済への計画を立てやすくするためのローンです。

カードローンの借り換えと違い、金融機関が代わりに債務を返済するものもあり、完済したカードローンは解約することが通常となります。

借り換えの場合はその後も完済したカードローンを利用することが可能となり、自分をしっかりと管理しておかないと再びお金を借りてしまう可能性があります。

おまとめローンでは強制的にそうした借り入れができないような状況を作りますので、債務は確実に減っていくでしょう。

家のローンを組む場合、銀行から借り入れをすることになります。住宅ローンは非常に審査の厳しいローンですので、他社に借り入れがある状態では契約が難しくなります。

他社の借り入れが全てなくなっていたとしても、信用情報には利用していたという記録が残っていることがあります。

最後に利用したときから7年程度経っていれば情報は消えますが、それもまた家のローンの審査にマイナスな影響を与えることがあります。

この時代、何かしらの信用取引を行うのは当たり前のように行われていますので、その情報が一切ないと、過去に破産をした経験があるのかもしれないと疑われてしまうのです。

おまとめローンを利用するほどの履歴があっても良くありませんし、逆に全く利用がなくても良くないのです。

そんなときに利用したいのが携帯本体の割賦払いやテレビショッピングの割賦です。割賦契約は毎月返済が必要になりますが、その取引履歴は信用情報に記録されることになります。

クレジットカードの審査で落ちてしまった場合、信用情報に履歴がない人はこうした方法を使って記録を残していくと良いでしょう。

クレジットカードでも数枚であれば持っていても家のローンへの影響はありません。

審査に落ちてしまうような金融商品があった場合、直接金融機関に理由を聞くことはできません。

信用情報を自分で確認することはできますので、原因を突き止めるために情報照会するのも良いでしょう。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top