複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

銀行のおまとめローンを利用する際に口座開設が不要なケースとは

多重債務の一本化や金利の低いローンへの借り換えをする際に、銀行のおまとめローンまたは使い道が自由の銀行カードローンを利用できます。

限度額が100万円未満であれば消費者金融のローン金利は年利18%ですが、銀行ローンの金利は年利14%台かそれ以下なので、おまとめローンを利用すると利息の支払額を節約することができます。

銀行ローンを利用する場合には、ほとんどの銀行で返済用の普通預金口座が必要となります。ローンを利用する銀行で普通預金口座を開設していない場合には、ローンの申込手続きの際に口座開設の手続きも必要です。

普通預金口座を開設していない銀行のローンを申し込む場合には、ローン審査や契約手続きの他に口座開設をする必要があるので、融資が受けられるまでに余分の日数がかかります。

おまとめローンの申込みをする際は、既に口座を開設している銀行を利用する方がおすすめです。

既に銀行の普通預金口座を開設していて、給料の受取に利用している場合にはカードローンやおまとめ専用ローンの審査が有利になる場合があります。

給与振込口座に利用すれば、銀行がその人の年収額を把握することができるからです。銀行によっては給料振込に利用していれば、低い金利でローンが利用できることがあります。

このため銀行にローンを申込む際は、給料の受取口座に指定している銀行のローンを活用すると良いでしょう。

銀行によっては普通預金口座の開設が必須ではない銀行カードローンがあります。このような場合には返済用の口座として、他行の普通預金口座を指定することができます。

銀行以外にも、おまとめ専用のローンを取り扱う消費者金融を利用することもできます。

消費者金融のカードローンの金利は利息制限法の上限金利が設定されているケースがほとんどですが、おまとめ専用ローンであれば銀行カードローン並みの低い金利で借り入れができる貸金業者があります。

消費者金融でもおまとめ専用ローンを利用すれば総量規制範囲外となり、既に多額の借り入れがある人でも融資が受けられます。

消費者金融のおまとめローンを利用する際も、口座を新たに開設する必要がありません。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top