複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

おまとめローンは総量規制の対象外です

複数の貸金業者からの融資をうけていると、その借入額もすべて合わせると大きな額となりやすく、返済も煩雑となってしまいます。また、金利も高い時代がありましたが現在は徐々に低下傾向となっており、融資を見直す良い時期といっていいかも知れません。おまとめローンは複数の借金を1つの金融機関にまとめてしまい返済窓口を1本化することがその目的です。さらに、金利や返済期間を延長することによっては毎月の負担を軽減することもおまとめローンを利用する理由です。また、債務整理ではないため信用情報にも傷がつきません。一方、総量規制に違反しての融資は貸金業者にペナルティが課されますので、審査は通常よりは厳格に行われますし、またおまとめローンとしての契約を行うと、それ以降のほかの金融機関からの追加の融資を受けることは難しくなってきてしまいます。このようなメリットとデメリットを考慮してのおまとめローン契約が必要です。

一般にお金を借りる場合には、借り過ぎで返済できなくなってしまうことを防止する目的で総量規制というルールがあります。2010年より貸金業法に追加されたことにより開始されたこの総量規制とは、その人の総借入額は年収の3分の1までしか認められないというものです。すべての借金にこの制度が適用されるわけではありません。自動車ローンや、住宅ローンはもともと高額の借り入れになること、さらに担保があることなどから、総量規制から除外されます。また、おまとめローンも総量規制の対象から外されています。規制対象外となることで消費者金融やローン会社から通常では借りることができない総量規制上限を超えても借り入れができるため、おまとめローンを契約する以前より、有利な条件で借金することができるので、借り手の負担の軽減に役立つという理由も総量規制から外されている理由の一つです。そのほかにもショッピングローンやクレジットカードの利用も厳密には借金になりますが規制対象からは外れます。

ただ、多重の借金返済で悩んでいるからこそ、そこに付け込んでくる悪い貸金業差が存在することも確かです。悪徳業者につけこまれないようにも注意しましょう。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top