複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

高金利も存在する!低金利の銀行ローンの選び方

金融機関からお金を借りる場合、金利が高いとそれだけ利息が増えてしまい、コストが大きくなります。低金利のローンはどのようにして契約すれば良いのでしょうか。

借入先は大きく分けて2種類あります。1つは銀行、もう1つは銀行以外の信販会社や消費者金融です。銀行以外の会社から借りる場合は貸金業法の総量規制の対象となり、年収によって借り入れができる限度額が変わってきます。一方銀行のローンではそうした規制がありませんので、信用力が高ければ高い限度額を設定してもらうことができます。
一般的に限度額と金利は比例しますので、限度額が大きくなりやすいローンは低金利になりやすいということになります。しかし銀行のローンの中でも、最大金利が18%に設定されているものもあります。初めての契約の場合は最大金利で設定されることも多いので、銀行のローンが必ずしもすべて低金利ではないということを覚えておきましょう。最初の契約条件はあまりよくなかった場合でも、利用を続けることによって限度額をアップし、金利を低くすることはできます。金利が高いローンのメリットは、審査の基準が低金利のローンよりも低く設定されている点にあります。金利が低ければ契約までのハードルが高くなりますので、契約に時間がかかることもあるでしょう。

また、契約しやすいローンの選び方として、最近登場した商品に絞るという方法もあります。そうした商品では新規顧客獲得のために、比較的多くの人に融資を実施することがあります。古くからある商品に対抗するためには、他の会社では契約ができなかった人の受け皿になる必要もあるのです。特にネット系バンクは銀行自体が最近登場したこともあり、融資に積極的です。その背景には、実店舗を持たないことで、経営で削減した資金を融資に回すことができているという仕組みもあります。ネット系の金融機関はさまざまありますが、どこの会社でもATM手数料が無料になっています。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top