複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

じぶん銀行おまとめローンのメリットデメリット

じぶん銀行が取り扱うカードローンは、基本的には使用用途は自由です。もちろんおまとめローンとしても使えます。では、じぶん銀行のカードローンをおまとめローンとして使う場合のメリットやデメリットなどはどんなものがあるのでしょうか。ポイントを絞ってご紹介します。

■メリット

1.大きな限度額設定
じぶん銀行のカードローンの利用限度額は、最大800万円までとなっています。さらにこのローンは総量規制対象外のローンですので、法律上は年収の1/3を超えても借入れは可能です。(ただし審査の結果で、いくら年収が多くても1/3以内の限度額設定となるケースはあります)

2.auユーザーにうれしい金利優遇
じぶん銀行はKDDIは出資している銀行です。したがって、auユーザーなら金利が優遇されるサービスが提供されています。このローンを利用した場合、auユーザーなら0.5%の金利優遇を受けられます。

3.ATM手数料が無料
このカードローンは、三菱東京UFJ銀行のATMや、セブンイレブンのATM、さらにローソンやファミリーマートのATMでも、借入れ・返済の手数料が無料です。消費者金融のカードローンの場合、コンビニATMの手数料が有料になるケースもある為、これはかなりのメリットと言えます。

■デメリット

1.カードが自宅に郵送される
カードローンの契約が終わると、ローン専用のカードが自宅に郵送されてきます。したがって、家族に内緒でカードローンを契約しようとしている場合、郵送物が届いた時点で家族にバレる可能性があります。

2.最初の契約から、最大限度額は融資されない
メリットの部分でも触れましたが、最大800万円の限度額となっていますが、最初の契約時から800万円の最大限度額設定がされるケースは稀です。銀行は、確実な借入れと返済を繰り返して、信用が築けた顧客へ限度額を増やしていく方針でカードローンの事業を運営している場合が殆どです。もし限度額を増やしたい場合は、契約後6ヶ月以上経過してから、増額の申請をしてみましょう。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top