複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

銀行のローン商品をおまとめローンとして利用することはできるのか

おまとめローンは借り換えローンの一種であるため、銀行でもローン商品の説明書の中で借り換えを目的とした利用ができる旨が記載されていれば、銀行のローン商品をおまとめローンとして利用することができます。また、説明書に記載がなくても、銀行に問い合わせて、おまとめローンとして利用できる旨の回答が得られれば、そのローン商品を利用して借入をまとめることができます。

銀行では様々なローン商品が提供されていますが、おまとめローンとして利用されることが多いのは、一度に多くのお金を低金利で借り入れることができるローンです。例えば、不動産担保ローンは、保有している不動産に抵当権を設定することが条件となりますが、多額の借入ができ、金利も比較的低めで、使途も原則として自由とされていることから、おまとめローンとして活用されることが多いです。また、カードローンやフリーローンは、ローン商品の中では金利が高めに設定される傾向にありますが、一本化をする前と後で返済総額がいくらになるのかを比較した結果、一本化後の方が少なくなりそうであれば、これらのローンもおまとめローンとして利用することができるでしょう。

一方、住宅ローンは、多額の借入ができる点と不動産が担保となる点では不動産担保ローンと同じですが、使途が住宅の新築、購入、増改築などに限定されていることから、住宅ローン同士であれば一本化できる可能性があるものの、使途が自由となっている借入を一本化の対象とすることはできない場合が多いです。逆に、おまとめローンの一本化の対象に住宅ローンを含めることについては、銀行によってはできる場合があります。住宅ローン以外の目的別ローンについても同様の扱いとなっていることが多いです。
銀行のローン商品で借り入れを一本化したい場合は、申し込もうと考えている銀行に相談し、一本化の前後でどのように変わるかをよく分析してから実行するかどうかを決めるようにしましょう。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top