複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

おまとめローンを比較して低金利ローンを選ぼう

おまとめローンの利用を考えている方は、時間をかけて金利比較をしていきましょう。
カードローンやキャッシングだと即日中に借りたい方がほとんどでしょうが、おまとめローンは即日でなくても大丈夫なはずです。
そのため融資スピードよりも、低金利を比較して選んでいくのが得策なのです。
おまとめローンで一本化した直後に、さらに低金利ローンが見つかったら悔しいものでしょう。

低金利のおまとめローンを探している方は、ノンバンク以外を検討してみましょう。
ノンバンクの金利というのは、どこから借りても金利に大差はありません。
18.0%が17.5%になるというレベルであり、数%も差が出ることは通常ありません。
それに対して銀行や信用金庫は、どこで借りるかによって数%の金利差が当たり前のように発生します。
18.0%と12.0%くらいの開きがあるので、よく比較をしないと損をします。
6.0%の差というのは、返済総額においても大きく影響してくるのです。
借り入れが数万円程度なら大したことはありませんが、おまとめローンの利用を希望している方は100万円以上借りていることが少なくありません。
100万円のローンを1年間返済せずに放置しておくと、実質年率18.0%だと18万円、12.0%だと12万円の利息がつくわけです。
両者の差は6万円にもなり、月計算でも5,000円という大きな差になってきます。

おまとめローンに銀行・信用金庫などをおすすめする理由には、一本化しやすいこともあります。
総量規制の対象外ですから、一本化資金をまとめて借りやすいわけです。
消費者金融の場合は総量規制の対象になるので、おまとめしたい場合でも他社ローンを含めて年収の3分の1以内に抑える必要があります。
低金利で借りることも大切ですが、総量規制の対象外のローンを選ぶことも重要なのです。
そうなると必然的に選択肢は銀行や信用金庫のおまとめローンとなり、ノンバンクは対象外となるはずです。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top