複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

おまとめローンにはどのようなデメリットがあるか

複数の借り入れを一本化することで返済の負担を減らせるおまとめローンですが、デメリットもあります。大きなデメリットとして、カードローンと比べると審査が厳しくなります。多重債務に陥っているので信用を得にくくなり、まとめることで限度額が高くなるため、高い返済能力が求められ、年収200万円以上などの条件が指定されていることもあります。
まとめることで管理の手間は省けますが、金利は必ず低くなるとは言えません。有利な金利で借りているものについてはまとめないように注意しましょう。例えば銀行カードローンの借り入れを消費者金融のおまとめローンでまとめてしまうと金利が高くなります。また、カーローンのように用途が制限されているローンは金利が低くなっているので、まとめた場合にどの程度の金利になるのか調べて比較しなければなりません。

おまとめローンは利用手順を間違えると審査に通らなくなってしまうデメリットもあります。限度額が低い方が審査に通りやすくなりますが、元々の借り入れに過払い金がある場合、限度額を減らすために先に過払い金返還請求をするのは間違いです。業者によって対応は異なりますが、過払い金返還請求は債務整理として扱われるため、ほとんどの業者で手続きを開始した際に個人信用情報機関に通知を行い、債務整理の記録が残ります。請求によって借り入れがなくなれば記録は残りませんが、おまとめローンを利用するケースでは借り入れが残るので記録されたままになります。この状態でおまとめローンに申し込むと、債務整理の記録があるので審査に通りません。完済してから返還請求する場合には債務整理にはならないため、おまとめローンの契約をして元の借り入れを完済してから請求を行う必要があります。

おまとめローンとして利用できるローンには様々なものがあり、無担保で借りられるカードローンにまとめたり、担保のある不動産担保ローンを利用することもできます。借り入れ総額が高額な場合は後者の方が借りやすくなりますが、返済できなくなると自己破産以外の債務整理でも担保を失うリスクがあるので、利用するべきかよく検討しましょう。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top