複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!
複数ローンの返済が面倒…おまとめローンなら即解決!

おまとめローンの比較ポイントを紹介

おまとめローンを比較するときは、何%で借入できるか調べておきましょう。
例えば5.0%~14.8%という金利設定のローンがあった場合、最高金利で14.8%が適用されるのです。
それより低金利になることはありますが、逆に高くなることはありません。
最低金利が5.0%になっていると、一桁の金利で借りられるかもしれないと考える方が多いですが、基本的に設定される金利は最高金利、またはそれより少し低い金利となります。
おまとめローンを利用する方は、今よりも返済を楽にしたいと考えていますから、金利が変わらないと意味がありません。

今よりも低金利のローンを比較して選んでいく必要があり、おすすめの金融機関は銀行、非営利の金融機関です。
後者はネット上で宣伝されていませんが、これは利益を目的にしていないためです。
信用金庫や農協のおまとめローンを利用する方は少ないですが、意外にも消費者金融や銀行より低金利なローンも多くあります。
低金利であるほど利息は少なくなって、将来的に支払うべき利息総額が減るのです。
つまりは借金を減額することが可能になるため、おまとめローンを比較するときは第一に金利に着目してください。

おまとめローン比較では銀行ローンが対象になることが多いですが、その理由は総量規制の対象外になるからです。
消費者金融の場合でもおまとめ専用ローンを用意している場合は総量規制外になりますが、大抵はキャッシングやカードローンで代用することになります。
これらの多目的ローンは総量規制対象となりますから、一本化には銀行ローンのほうが好都合というわけです。
信用金庫、農協などの非営利の金融機関に関しても総量規制の縛りは受けません。
おまとめローン比較をするときは、今よりも低金利で借りられること、目的の金額を借りられること、などに着目して選んでいきましょう。
ローンは借入件数が2件よりも1件のほうが絶対に楽なので、一本化が可能な金額を融資してくれる金融機関を選ぶべきなのです。

借入する方法の説明はこちら

おまとめローンとは

Top